2013年02月02日Sat

シフトワイヤーを交換

愛用の自転車、GIANT CROSS 3000の壊れていたシフトワイヤーを交換。
SN3S2291.jpg

2012年12月11日、夜勤明けからの帰宅時、走行中に突然、後輪変速機の外側のワイヤーが裂けた。
http://minipasiri.seesaa.net/article/306314819.html

今日まで放置していたけど。
それまでは通勤でほぼ毎日乗っていて、そろそろ乗りたいなぁ〜 と思い交換。

交換後のパーツは、

SHIMANO OT-SP40 ロードシフトケーブルセット

初めてだったけど、交換にかかった時間はフロント・リア2本で1時間程度。
SN3S2294.jpg

シフターはSHIMANO EF50 7Sで上からネジを2本外すだけで、シフターの蓋が開いてワイヤーが取れた。

アウターワイヤーを切ったとき、断面がつぶれてインナーワイヤーの入る穴が狭くなってしまっていたので、先のとがったもので広げた。

なかなか交換しなかった理由の一つに、調整が難しさを想像していたけど、取り付けてからある程度調整して、微調整は走行しながらなんとなくで割としっかり出来た感じ。

必要な工具は、六角レンチとラジオペンチ(+ワイヤーが切れるやつ)とドライバーとスパナ(適当なのがなかったので、今回はプライヤーで回した)。

よく見てみると、ブレーキの方もワイヤーが怪しい感じになっていたので、これももうじき交換の感じ。
今回、アウターワイヤーの色は黒にしたけど、白の方が良かったかも。

これを機会に乗り回したいところだけど、これから花粉の時期なのが残念。

オドメーターは 6728.5km

もう5年も乗ってるので、そろそろ新しいのが… とか思うけど特に不便も感じないし愛着があるからなぁ〜 と。
posted by ぱしり at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
この記事へのコメント
コメントを書く(URLの入力は禁止にしています)
お名前(任意):

メールアドレス(任意):

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。