2012年06月20日Wed

Wake-on-LANを試してみた

前から知っていたけどなんとなく試してみたかったのでWake-on-LANを試してみた。

出先から家の中のPCを起動させるっていうやつ。

起動させた後、遠隔操作のソフトが動くようにしておけば、出先から家のパソコンを扱える。
具体的にはLANに繋がっているハードディスクレコーダーの番組予約とか、パソコンにWEBカメラを繋げて室内の確認とかいろいろ出来る。

とりあえず、あんまり使ってないEeepc901を起動させられるようにしてみた。

家のネットワークは

ホーム・ゲートウエイ

ルーター(WHR-G301N)

PC(Eeepc901-X)

●Eeepcの設定
BIOSの設定画面は電源入れてすぐに「F2」。
「Onboard LAN BOOT ROM」無効になっていたので「Enabled」。

デバイスマネージャーからLANボードの「Atheros〜」を設定、
「シャットダウン ウェークアップ」をオンに。
「ウェークアップ機能」を「マジックパケット」に

●ホーム・ゲートウエイ&ルーター
LAN内のIPアドレスが動的に割り当てられてしまうと困るので、それを固定。

ポート開放はルーターと、ホーム・ゲートウエイ両方に設定。
ホームゲートウェイは「ポートマッピング設定」
ルーターは「ポート変換」
でそれぞれポートを開放。

マジックパケット用と遠隔操作ソフト用に2つ。
マジックパケットはUDPポートで、他はTCP。

ルーターを「Internet側リモートアクセス設定を許可する」にチェック。
これでルーターがインターネットに公開される。

この設定でブロードキャストアドレス「192.168.0.255」みたいなのでLAN内の全部の端末にマジックパケットを送信したら起動できたんだけど、

このブロードキャストアドレスって言うのがグローバルIPでは出来ないっぽくこれは断念。

外部からルーターに一旦入ってから、ルーターから起動させる事に。
ルーターを起動させるURLをiPodtouchのブックマークに入れて、使うことにした。


posted by ぱしり at 23:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル
この記事へのコメント
コメントを書く(URLの入力は禁止にしています)
お名前(任意):

メールアドレス(任意):

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/277062049
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。